AGA治療って?

テレビなどでAGAという言葉がしばしばつかわれるようになりました。
AGAとは男性型脱毛症と呼ばれるもので、頭頂部や額の生え際といった特定の箇所の髪の毛が集中して抜けてしまう症状を指します。


AGAがなぜ起きるかというと、テストステロンという男性ホルモンの一種が関係しているといわれています。
このテストステロンが5αリダクターゼという酵素の一種と結合してしまうと、ジヒドロテストステロンという物質に変化します。
このジヒドロテストステロンは、髪の毛の脱毛を促進させてしまう効果があります。
その他にも円形脱毛症と古くから言われる頭頂部分の薄毛に関しては、頭皮が血行不良になってしまって、頭皮が栄養不足の状態に陥り、髪の毛の成長がスムーズに行えなくなることが原因とも言われています。
ある程度年齢がいってから薄毛の状態に陥るのであれば、あきらめもつくという人もいるはずです。
しかしAGAの場合、30代とかもっと早く20代で症状が顕著になってしまう人もいます。
いわゆる若ハゲの状態です。


若いころから薄毛になると、自分の外見に強烈なコンプレックスを持ってしまう恐れもあります。
その結果、自分自身に自信を持てなくなって内向的になるとか、異性関係にしても薄毛のことを気にするあまり女性と正常なお付き合いができなくなるなどの影響の出てくるケースもあります。


AGAは専門の外来機関も日本全国に出てきています。
適切な治療をすれば、解決できる可能性も高いので一度受診してみてはいかがですか?